体にたまた疲労などを改善するためには整体で適切な施術を受けよう

健康を維持するために療術を利用しよう

子どもを望む

鍼灸院自体は非常に古く、江戸時代から日本では行われていました。江戸時代では、経済の発展とともに町が発達し、町人の文化が非常に発達しました。多くの町人が肉体労働することで、それを癒すために鍼灸も同時に発達したと言われています。 一方不妊治療の歴史ですが、不妊の治療と言えば江戸時代は神様にお祈りするとか、漢方飲む等の方法しかありませんでした。 それが西洋医学の発達とともに不妊治療のあり方が非常に大きく変わってきたのです。昭和に入るとを特に、産婦人科はなどには不妊治療外来などができ始め、子供望んでいる女性が多く通うようになりました。 そうした歴史の中で、鍼灸院もう東洋医学の観点から不妊治療に何か貢献できないかと研究を進め、現在では鍼灸院として不妊治療に向き合うことを始めています。このような歴史が不妊治療と鍼灸院にはあります。

鍼灸院での不妊治療のこれからの動向ですが、これまでは主に女性対象に不妊治療を鍼灸院では行ってきましたが、これからの動向としては、男性の不妊治療に向けて鍼灸院が治療を行ってことを目指しています。 既にその取り組みはもう始まっています。 もちろん治療にあたるのは男性の鍼灸師ですので、男性もう自分の男性機能の悩みについて、詳しく鍼灸院で相談ができます。男性機能の改善を計ったり、精子の活動を活発にしたりすることを目的として鍼灸院では男性向けの治療を行っています。 男性の中には産婦人科にはとても行きづらいと考えている人たちもいますので、鍼灸院であれば抵抗なく行くことができ治療することができるという人もとても多いのです。